こんにちは!愛知県名古屋市を中心に、東海3県で設計企画や設計業務を行っているトポス建築設計室株式会社です。
その他介護施設建築や住宅トラブル相談に加え、工場設計事務所として工場設計にも携わってまいりました。
工場設計を含む建築設計ですが、設計の際にさまざまな調査が行われていることをご存じでしょうか。
今回は、建築設計業務に欠かせない大事な工程でもある、各種調査の種類について詳しくご紹介いたします。
建築設計のご依頼をご検討されている方も、最後まで目を通して頂けますと幸いです。

用地調査


建築設計で、よく行われるのが用地調査です。
用地調査とは、建築を予定している土地や取得予定の土地(用地)の測量から、土地面積の計算、図面の作成までを行う調査のことです。
具体的には、調査員が直接現地へ赴き、測量で土地の大きさや高低差、地盤の強弱確認や隣接する建物・設備設置予定位置の確認などを行います。
特に、公共施設や公的機関が発注する建物の建設時には必須の調査であり、重要度が高い調査といえるでしょう。

建物状況調査

建物状況調査は、主に建物の売買やリフォーム時に、既存の建物の状況を調査することを指します。
これには、専門の資格を持つ既存住宅状況調査技術士が活躍し、調査が完了すれば売買時に良物件としてのアピールも可能です。
建物状況調査は義務ではないものの、既存住宅に住んだ後に不具合やトラブルに見舞われるリスクを減らすことができるとして、近年ニーズが高まっています。
売却をする側としてはより早期の売却に役立てられ、購入する側としても、より安心して住むことができることにつながるのです。
建物の売却やリフォームをお考えの方は、用地調査の実施をおすすめいたします。

トポス建築設計室へご相談ください!


トポス建築設計室では、知識と経験が豊富な用地調査員や、建物状況調査に欠かせない既存住宅調査技術士が在籍しており、お客様が安心できる暮らしを確保するためのお手伝いをいたします。
「用地調査や建物状況調査をしたいけれどどこに相談したらいいのか分からない!」とお悩みの方は、ぜひトポス建築設計室へご相談ください。
プロの目線でしっかりと調査を行い、安全性に特化した建物を実現します。
事前のご相談だけでも随時受け付けておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください!
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。


トポス建築設計室株式会社
〒467-0844 愛知県名古屋市瑞穂区河岸町3丁目69番地
TEL:052-822-5694    FAX:052-822-5684
※セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする